畳張替えの業者選びについてご紹介します

このサイトでは、畳張替えを実施する業者を上手く選ぶコツをご紹介します。
初めて畳の張り替えをする場合、必ず専門業者を頼らないといけません。
街中にはたくさんの会社があり、どこに依頼をすればいいのかわからないものです。
しして各会社によって仕上がりも大きく異なるので、賢く選択をする必要があるわけです。
どこを見ればいいのか、依頼時のポイントについても触れていくので、参考にしながら実際に注文をしてみるといいでしょう。

畳張替えの業者を上手に選ぶコツと利用する業者によって出来栄えに違いがある理由

畳張替えの業者を上手に選ぶコツと利用する業者によって出来栄えに違いがある理由 畳張替えを専門業者に依頼するコツは、長い実績と信頼を持ってる会社を選択することです。
畳張替えは職人技となるので、担当する方によって仕上がりは大きく異なります。
全国展開をしているチェーン店だと1枚当たりの張り替え価格はとてもお安いですが、その仕上がりは最高品質とは言い難いものです。
理由は機械で作業をするからであり、単価が安いに等しい出来になります。
それとは反対に、1枚あたり2万円以上もする畳張替えだと必ず職人が手作業で一枚ずつ仕上げるので、高品質であることは間違いありません。
上手く業者を選ぶコツは、どんな仕上がりとコストを掛けて完了させるのかを考えることです。
コストに重点をおけば答えは意外と早く見つかります。

畳張替えの価格と張り替えのおもな手順について

畳張替えの価格と張り替えのおもな手順について 日本では今でも多くのご家庭で、畳を敷いている和室があります。
湿気が多い国内の気候に最低な環境を維持でき、イグサの心地よい香りはリラックス効果も得られます。
1度張り替えると約8年は持つものですが、できれば1年に一回は畳張替えを依頼して、いつまでも良好状態を保っておきたいものです。
そこでここでは、畳張替えに必要な費用と、おもな手順をご紹介しましょう。
張替え価格の相場は約2万円となっており、一度にたくさんの張り替えを依頼すれば幾分かはコストを削減することができます。
基本は国産のイグサですが、なかには中国産を採用しているところもあり、安くて良い品を手に入れることも可能です。
張り替えの手順は最初にすべての品を持ち出し、工場で実施をされます。
以前は自宅内のスペースで職人が一枚ずつ手作業で張っていましたが、現在は機械でおこなわれているものです。
そのため、コストもお幅にさがり、納品期日も最短で1日を記録するところもあります。
畳張替えをおこなえば、室内をいつまでも清潔で綺麗な状態を維持できます。
可能な限り、新年前や6月の季節の折り返し時期に実施をして、気持ちよく生活ができるようにすることも必要になるものです。

畳張替えが必要な時はどのような状態なのか

和室があり、畳を敷いている家はまだまだあります。個人宅だけではなくお店に敷いているところもあるでしょう。畳には寿命がありますので、ずっとそのままにしておくわけにはいきません。
どのような状態になったら畳張替えが必要なのかを知っておくと良いでしょう。
大体10年くらいが畳の寿命と言われています。ただし、直射日光が当たったりしてしまうと早く寿命が来てしまいます。カーペットを上に敷くのもダニが繁殖してしまうので決して良いことではありません。
このようなことをしてしまうと10年よりも早く傷んでしまいます。
変色やほつれなどがあれば畳張替えしましょう。まずは裏返しをし、その後は表替えをして、最終的には新調してください。畳は裏も使えますので裏返しで最初は対応できます。
畳は傷んだからと言ってすぐに新調する必要はありません。裏返しは2?5年で表替えは裏返しの5年後です。新調するのは10年から15年くらいが一般的です。

一口に畳張替えといっても3種類があります!

日本人なら畳の匂いや感触に癒されることも多いでしょう。しかし古くなると、表面が剥がれたりして掃除が大変になります。畳張替えを考えるなら裏返し、表替え、新調の3種類の方法があり手間や料金が異なります。
裏返しは、畳表(たたみおもて)を裏返す方法です。
これは普段見ている畳の表面のことで、イグサで作られておりゴザのように中心部である畳床(たたみどこ)を覆っています。
傷みが比較的少ないときは、これを裏返して再利用が可能です。裏返しでは、畳縁(たたみべり)も同時に交換することになります。裏返しは、新調してから2年から5年で行うのが一般的です。
表替えは畳表と畳縁を交換する方法です。表替えの目安は新調してから4年から7年、または裏返しをしてから5年ほどです。定期的に裏返しや表替えを行って畳張替えをすることで、長期間よい状態を保つことができます。
新調は約10年が目安です。イグサの産地や品質で価格が変わるので、予算に合わせて選びましょう。

和室の畳張替えを行うメリットとはどこにあるのか

畳の材料になっているい草には日本最古の医療所である「医心方」に記述されていますが薬草としてみなされています。
腐敗菌効果に対して抗菌効果があり、近年の研究でレジオネラ菌に対する抗菌効果があることがわかっています。またい草の随部はスポンジ状になっているので、弾力性に富んでおり、海綿組織が多数存在していて有害物質を吸着させます。このため畳張替えをすることで、人体に有害な菌や物質を部屋の中に散布させる危険性が軽減されます。
さらに畳は森林中に発生しているバニリンとフィトンチッドという成分が含まれていて、人がこの成分を嗅ぐことでリラックス効果をもたらされます。
加えてい草の製品である畳表や上敷きには防炎効果があることも証明されています。消防法に基づき試験を行った結果、防炎性があることが判明したので、畳を使うことで大きな火災になることを防げるということが分かっています。
そのため和室の畳張替えをすると、板張りの床とは違うメリットがたくさんあります。

畳張替えは気になる一部分だけでもできるのか

和室には畳は欠かすことができない存在です。新品の畳が香りもよく、踏み心地も良く落ち着いて過ごすことができます。 とはいえ、畳は少しずつ劣化していきますので、その劣化が気になってきたという人もいるのではないでしょうか。畳の汚れや傷みが気になる場合は、畳張替えで対応することも考えていきたいところです。
畳張替えは、部屋全部の畳でする必要があるのかどうかも気になるところです。全体を張替えするとなると、費用も気になってきます。
畳張替えは、部屋全体で依頼する必要はありません。例えば、一部分だけかなり汚れたところがある、日焼けによる色褪せが目立つという場合もあります。そして、一部だけを猫に爪とぎされてしまうことも珍しくありません。
そのような場合は、気になる一部分だけを依頼することもできます。そうすれば費用も安く抑えることができますし、納期も早くなります。
かなり古くなっている場合は、一部だけを張替えるとその部分だけが目立ってしまう可能性もあります。自然な仕上がりが得られるかどうかは、依頼前によく確認しておきましょう。

畳張替えでフローリングに床材を変える方法

畳は約4年から5年ほど経過すると畳張替えをする必要がでてきます。畳張替えは、手間や費用がかかるので、張替えの時期にメンテナンスが簡単なフローリングする方が多くいらっしゃいます。
フローリングに張り替える方法は2パターンあります。
畳を剥がす方法と畳の上から床材を敷く方法があります。畳を剥がす方法は、木目調仕様のレプリカではなく本物の木材を使用することができます。
湿気がこもらなくなり、カビの発生を抑えることができる点がメリットになります。
畳の上から床材を敷く方法のメリットはなんといっても手軽に施工することができる点になり、簡単に和室から洋室にリフォームすることができます。
クッションフロアなどを利用する場合には、特殊な工具は必要がなくはさみやカッターで簡単に切断することができます。
DIYでおこなうことができるので費用も少なくて済むこともメリットになります。汚れてしまったら一部分だけ新しく交換することもできます。

畳張替えはタイミングを見極めて適切な時期に行う

畳張替えは畳の状態を確認し、適切なタイミングを見計らって行います。 畳張替えは表返しや表替えなど3種類に分類され、料金も異なります。 裏返しの時期は2年から5年くらいで、表替えは4年から7年が目安になります。 新調したい場合は、10年から15年がリフォームのタイミングです。 畳の構造はシンプルで、耐久性や仕上がりは素材のグレードによって違います。 畳表は断熱性と保温性、空気清浄効果が期待でき綿よりも麻を使っている製品の方が高級品です。 弾力を左右する畳の床は藁が使われるケースが多く、日本では二級品が広く普及しています。 畳の種類は豊富でマンション用や戸建用に分類され、施工価格も異なります。 マンション用の畳は戸建て用よりも低価格になるケースが多く、表替えの作業は1日で完了します。 畳を敷いて10年以上経つと新調する家庭が多くなりますが、既存の畳を採寸してから入れ替えます。 表替えや裏返しの作業とは違って、作業中も畳がない状態にはならないです。

適切な季節とタイミングを選んで行う畳張替え

和室の住空間を快適に保つには、定期的な畳張替えが不可欠です。 劣化が気になれば季節を問わず張替えられますが、ベストシーズンは秋になります。 畳は部位によって役割が異なり、畳表は保湿作用や断熱作用があり空気清浄効果も期待できます。 畳替えの方法は大きく分けて3種類あり、裏返しは購入して3年から4年目に行います。 表替えは裏返しの作業を行ってから約5年を目安に行い、新調は畳を購入して10年から15年ほど後に実施します。 新しく生活を始める人は、畳の劣化が目立たない状態でも春に畳張替えを行うケースが多いです。 梅雨明けから夏までの時期も、カビ対策で畳替えの依頼が増えます。 秋は空気が乾燥して天気も安定しているので、畳張替えの作業をしやすいです。 気温が低くなり乾燥する冬は、カビの繁殖を抑えられるので畳の張替えに適しています。 畳を含む床材は消耗品なので、年月を重ねると徐々に劣化します。 他の床材と違って、畳はメンテナンスを行うと新品同様に戻ります。

畳張替えの期間の目安と見積もりや調査が無料の業者

畳張替えの期間については10年前後が目安となりますが、ダニやカビが発生していたり長年の使用で色褪せがあったりふむとぐにゃぐにゃしたら張替えを検討する時期です。 畳張替えを依頼するなら、朝引き取りして夕方納品が可能な畳張替えサービスが見積もりや家具の移動や出張調査が無料なのでおすすめです。 畳張替えサービスでは、お客様のこだわりをお伝えいただくとご希望の畳や襖や障子や網戸など張り替えをご希望の商品を見立て、ご提案しています。 まず無料現地調査で現状を把握してよりよい張り替えのご提案やお手入れのアドバイスを実施し、現場の採寸と正確な見積りのご提示をいたします。 作業はお客様のご希望に合わせてスケジュールを組んで、作業はスタッフがお部屋にお伺いし作業中でも疑問点やご相談などございましたら、お気軽にお声掛け願います。 そして張り替えが終わりましたら、お支払いになりますがますが各種クレジットカード、現金がご利用いただけます。

畳張替えを依頼した後にはいくつかの準備すべき内容があります

変色や表面に傷が付いている部分が目立つ畳の和室では、畳張替えを行うことで綺麗な室内へと戻すことができます。昨今では和室を持つ住宅が減少傾向にありますが、インターネットから探せば畳張替えを行う専門店の情報を確認することができ、営業エリア内の専門店を探すことが必要になります。メールや電話で日程を決めた後には当日になると職人さんが畳を撤去して作業場へと搬入をするものなので、依頼者側はスムーズに作業ができるように家具の移動を済ませておくことは欠かせない準備です。キャビネットや背の低い箪笥などであれば簡単に別室へと移動させられますが、大きな書棚化があれば扉を開けて書籍類を移動した上で室内で書棚を簡単に移動させることができるようにしておくだけでも十分です。後は畳を屋外に搬出するルートの準備も重要です。例えば1階のリビングの横の室内が和室という住宅では、リビングのドアを通過して玄関ドアを通過する経路が狭い場合は、ベランダの窓から搬出した方が距離も短く簡単という事例もあるので、少しでも職人さんの負担を軽くしてあげるとベストではないでしょうか。

畳張替えでいらなくなった畳の処分費はどれぐらいなのか

畳張替えを行った場合には、古い畳は必要なくなることでしょう。このようないらなくなった畳の処分方法はどのようにすれば良いのかと思う人も多いかもしれません。どのような畳張替えにおいて、どの処分方法を選ぶのかにより、必要となる処分費も大きく異なります。まず最初に新しい畳を買うのであれば、畳屋に一般的には引き取ってもらえるはずです。畳をまとめて粗大ゴミとして出す方法が、1番簡単だと言えるでしょう。地域によっても異なるものの、畳1枚あたり約500から1000円ほどで処分が可能です。枚数が決まっている地域もあるため、事前に確認した上で処分するようにしましょう。枚数が少なければ、粗大ゴミで処分をするのが1番です。 時間があれば切り刻んで捨てることも可能です。小さく切り刻むことで可燃ゴミとして出すことができるので無料で引き取ってもらえます。まだ使えそうなものであれば、リサイクルに出すのも1つの方法です。きれいなものであればお金になる可能性もあるため、状態を見てから決めるようにしましょう。

畳張替えをDIYですることによるリスクを知っておこう

畳張替えはプロにまかせるのが一般的ですが、DIYで挑戦する人もいます。
プロでない方が作業する上でのリスクは、美しく仕上がらないケースがあることです。
畳張替え作業をする際、すべての畳を剥がしてしまう人が少なくありませんが、この方法は失敗を招く確率が高くなります。
どこか一箇所ずれてしまうだけで、全体にずれが及んでしまうのです。
この問題を防ぐためには、1枚ずつ作業をするのが基本です。
1枚であればうまく入らなくても微調整をしやすいでしょう。
畳張替えには新品の畳を使用する以外にも、裏返しという方法もあります。
畳は日光を浴びることで変色し、緑色から黄色に変わっていきます。
焼けた畳は見栄えもよくないので、新調から2~3年を目途に裏返すとよいでしょう。
これは比較的簡単な作業で、初心者の方でも問題なく行えるはずです。
DIYによる畳張替えの作業がうまく進まない場合は、畳専門店やリフォーム会社、ホームセンターなどに依頼するのがおすすめです。

畳張替え作業は素人が手を出すべきではない

間取り変更や断熱工事や害虫駆除や屋根工事や外壁塗装やエアコン洗浄やクッションフロア工事やエアコン設置や蛇口交換など、素人がDIY感覚で安易に手を出すべきではない作業が意外と沢山ありますが、和室の畳張替えもその最たるものです。
表替えや裏返しや新調など畳張替えにはいくつかの種類があり、どの作業もプロフェッショナルな技術力や実績に伴うコツや職人ならではのセンスが求められます。
裏返しならひっくり返すだけで良いので自分で出来そうというイメージを持たれがちですが、畳表を剥がしたり裏面を整えたりしわや隙間が出来ないようにしっかりと固定したりなど、素人では太刀打ちできない難易度が高い作業工程があるので、最初から最後まで全てを業者に委ねるのがベストです。
畳を新しくすると見た目が綺麗になるだけではなく、癒される香りや弾力感や断熱性や吸湿性などの畳特有の機能も復活しますので、機能的にもインテリア的にも良い状態を保てるように定期的に張り替えましょう。

秋季に畳張替えを行うことにはメリットがたくさんあります 

秋季に畳張替えを行うことには、様々なメリットがあります。
畳は日本の伝統的な床材であり、その特性を最大限に活かすためには定期的な張替えが必要です。
日本の四季折々の移り変わりの中で、秋は涼しさが訪れる季節です。
この涼しさの中で畳張替えを行うことは、様々な面で良い影響をもたらします。
まず第一に、秋は湿度が低くなるため、畳を乾燥させるのに適した季節です。
湿気が少ない状態で畳を張り替えることで、畳が長持ちし、カビやダニの発生を抑えることができます。
秋は新学期や新しい生活が始まる時期でもあります。
新たなスタートに向けて、清潔な畳で過ごすことは気持ちの面でも良い影響を与えます。
新しい畳はふんわりとした感触があり、リラックスした時間を提供してくれます。
これは、家族が一堂に集まることの多い秋にとって特に重要な点です。
秋は自然が美しい季節でもあります。
畳張替えを行う際に、窓を開けて自然の風を取り入れることで、新しい畳に心地よい香りを与えることができます。
これは、畳文化の一部として、日本の伝統を感じることのできる素晴らしい機会です。
畳は体に優しい床材としても知られており、秋に畳張替えを行うことで、その健康効果を最大限に享受できます。
畳の表面がふかふかとしているため、体重を分散させることができ、床に座ったり寝転んだりしても快適に過ごすことができます。

畳張替えを地域密着型の業者に任せるべき理由

畳張替えを業者に依頼する場合は、地域密着型の方がいいといえますが、その理由とはなんでしょうか。
畳張替えは専門知識と技術が基本ですが、信頼も重要なので地域に根ざし認められている業者に任せるのが安心です。
誕生したばかりの業者で実績がこれからだったり小規模で実績があまりなかったりする業者は、サービス提供の品質に疑問符がつきます。
例え国産畳を謳っていても、実際に施工が行われ仕上がるまでは本当かどうか確認するのが難しいです。
地域密着型で十分な実績があり地域の人たちに選ばれている業者なら、国産畳の提供に説得力があります。
畳張替えは10年に1回の新調の他、数年に1回の裏返しなどのメンテナンスが必要なので、信頼できて頼れる業者がいると相談しやすく心強いです。
畳張替えは慣れないと綺麗に仕上げるのが難しく、安易に手を出すと不格好になりかねませんから、地域で信頼の置ける業者を探して任せるのがベストではないでしょうか。

畳張替えは高い技術力が要求され難易度高め

カーペットクリーニングやエアコン内部洗浄や照明取替やコンセント増設や便座交換や蛇口交換や鍵交換や外壁塗装や間取り変更やバリアフリー化など、DIYのノリで自分で出来そうだけど出来ない家の中の作業は数多く存在しますが、畳張替えも素人がやるべきではない作業の一つです。
畳床から全部新しくする新調や畳表を張り替える表替えはハードルが高いけど、ひっくり返して裏面を表に持ってくる裏返しなら簡単そうと思われがちですが、その認識は間違いです。
裏返しも畳縁を新しくしたり畳表を傷つけないように丁寧にはがしたりズレないようにきちんと固定したりなど、高い技術力が要求される難しい作業ですので、軽い気持ちで作業に取り掛かろうとするのはNGです。
畳張替えは業者に全て任せるのが正解です。
プロの技術力は圧巻で期待を上回る美しい仕上がりに感動しますし、長持ちさせるための工夫や日常的なお掃除方法や注意事項などについてアドバイスももらえます。

おすすめの畳張替え情報サイト

畳張替え 東京

新着情報

◎2023/09/27

情報を追加しました
>畳張替えをDIYですることによるリスクを知っておこう
>畳張替え作業は素人が手を出すべきではない
>秋季に畳張替えを行うことにはメリットがたくさんあります 
>畳張替えを地域密着型の業者に任せるべき理由
>畳張替えは高い技術力が要求され難易度高め

◎2022/11/30

情報を更新しました。
>畳張替えはタイミングを見極めて適切な時期に行う
>適切な季節とタイミングを選んで行う畳張替え
>畳張替えの期間の目安と見積もりや調査が無料の業者
>畳張替えを依頼した後にはいくつかの準備すべき内容があります
>畳張替えでいらなくなった畳の処分費はどれぐらいなのか

◎2022/1/17

情報を更新しました。
>畳張替えが必要な時はどのような状態なのか
>一口に畳張替えといっても3種類があります!
>和室の畳張替えを行うメリットとはどこにあるのか
>畳張替えは気になる一部分だけでもできるのか
>畳張替えでフローリングに床材を変える方法

◎2021/9/17

見積りを無料で対応してくれる業者
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

1人設計、土地形状に合わせた部材の加工、基礎工事、施工工事‥ 手動なのは 構造をシンプルにするため。 電動だと故障トラブルが起きた時に業者待ちになる。 めず強風で、支柱から破損。 建物にも被害が及ぶ。 あなたが数秒で思いつくような事を 現場の人間が誰も検討してないと思います?

【知恵をお貸しください】 エアコン・空調工事業者 様 ○酸素ルーム(気圧を上げる為、完全に密閉状況)内でポータブルエアコン設置を検討中。 ○密閉状況を保つため排気を室外に出せない ○ルーム内の大きさは3程度 排気が出せない為難しいかなと思っているところです。…

-->